文化・芸術

2009年9月 2日 (水)

幸せの黄色いハンカチとアート・クラフトフェスティバル。

人気ブログランキングへ

「第1回奥多摩アート・クラフトフェスティバル」が、8月24日から9月23日まで奥多摩町(一部は青梅市)で行なわれています。

このブログでおなじみのほらみたけ邸も「古民家縁側ギャラリーなか」として展示会場となっています。

そこで2009年9月1日(火)、「今日、お邪魔しに行ってもいいですか~?」とメールを打つと、「もうひとつの会場(奥多摩町民ギャラリー)の飾り付けなどがあるので夕方に来てください。飲みましょう!」との返事がありました。

午前中はブログ書き、午後は昼寝。

青梅発17:05の電車に乗り、御嶽駅に17:22着。

38dsc09004

←御嶽駅ホームから見たほらみたけ邸。

38dsc09005

←踏切に登っていく階段にも「なか」の案内が。

38dsc09006

←御嶽駅ホームを左に見つつ、踏切を渡ります。

38dsc09007

←吉村繁さんがほらみたけさんの本名です。

38dsc09008

←玄関前にも「なか」の看板と黄色いハンカチが。

38dsc09009

←赤い屋根に黄色いハンカチが映えるほらみたけ邸。

38dsc09010

←こちらは表札?

38dsc09011

←たびままは牧野光代さんのステンドグラスに興味があるとのことでした。今日は家でお留守番ですが。

38dsc09012

←「なか」の展示のメインはほらみたけさんの写真と「工房ニレ」の手作り小物です。

さて、ほらみたけさんはまだ帰って来てない様子。
軒下のベンチに座って駅のホームに発着する電車やガラス越しに展示品を見ながらノンビリと待つ。と言いたいところですが、実際はヤブ蚊と戦いながら待っていました。

やがてほらみたけさんの車が「プッ、プッ~」とクラクションを小さく鳴らしながら戻ってきました。

通常の展示は17時までなので、17時までは「工房ニレ」のお弟子さんが留守番をしていたそうです。玄関にも縁側にもしっかりと鍵がかけてありました。

中に入れてもらうとすぐ展示品に当てるスポットも全部点灯してくれました。

38dsc09013

←これは牧野光代さんの作品ですね。

38dsc09014

←こちらは「工房ニレ」。

38dsc09015

38dsc09016

38dsc09017

←流しそうめんの写真が貼ってありました。

38dsc09018

←奥の部屋のほらみたけさんの写真。バングラデシュとインドで撮影したものです。

38dsc09019 38dsc09020

38dsc09021

私が展示品を撮影している間、ほらみたけさんはつまみの準備をしてくださっていました。

38dsc09022

←このテーブルで間もなくほらみたけさんと「サシ」で飲み始めます。

38dsc09023

38dsc09024

←9月3日からは奥多摩町民ギャラリーでもほらみたけさんの写真を展示しています。

38dsc09025

←ほらみたけ邸は築130年(150年とも・・・)の古民家。ここで展示品に囲まれて酒が飲めるなんて。

38dsc09026

←窓越しに見る御嶽駅ホーム。

ほらみたけ「たけぱぱさん、トイレも素晴らしいことになってるから見てきてよ」

とおっしゃるトイレは確かに「住めそうな」くらいにきれいになっていました。

38dsc09027 38dsc09028

←これがトイレ!

さてさて、準備が出来ました。イカと秋刀魚の刺身。お豆腐・ピーマン・モロヘイヤ。切干大根(ほらみたけさんは宮崎出身)。煮魚。

最初はビールで乾杯。次に白波。

私の九州の山に登ってきた話。ほらさんの田部井淳子さんに会った話。日本三大車窓の話・・・
全部書くとキリがありませんし、だんだん焼酎がまわってきて世界の全てが朦朧としてくるわけですが、これ以上お邪魔したらイカンというところまでお邪魔し続けて、全くいい気分になって9時頃には帰宅したようです。

これを書いてる9月2日には塁パパもお邪魔してきたようです。

明日以降、ほらみたけ邸に行こうという方、展示は17時までですので私の真似はなさらないでくださいね。

奥多摩アート・クラフトフェスティバルのHPはコチラ↓ ↓ ↓
http://okutama-acf.com/

ほらみたけさんのブログはコチラ↓ ↓ ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/horamitake

写真家吉村繁のHPはコチラ↓ ↓ ↓
http://www7.plala.or.jp/phyoshi/

※写真は全てクリックすると大きな画像が見れます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)