« モウチュウ、盲腸治り、退院。 | トップページ | 御前山・三頭山(速報)。 »

2012年4月27日 (金)

『定家明月記私抄 正・続』 堀田善衛 著 (ちくま学芸文庫)。

Sei_3 Zoku

1996年6月 第1刷。

『明月記』そのものは藤原定家が56年の長きに亘って書き綴った漢文日記である。

私が『明月記』それ自体を読むことはこの先もおそらく一生ありえないであろうが、堀田善衛のおかげで概要を知る事が出来る。

世上乱逆追討耳ニ満ツト雖モ、之ヲ注セズ。紅旗征戎吾ガ事ニ非ズ。

世の中の切ったはったの風聞がたくさん聞こえてくるが、これをいちいち書かない。朝廷が鎌倉を討つったって私の知ったことではない・・・

定家19歳の時のこの文章に堀田善衛は衝撃を受け、古本屋で『明月記』を手に入れたが、この漢文日記に溶け込むにはやはり相当な年月を要したようだ。

源平争乱、京都市中に群盗横行、実朝暗殺、後鳥羽院隠岐配流・・・
動乱の時期に二流貴族として、歌の家に生まれた「美の追求者」として生きねばならなかった藤原定家の息遣いをこの本によって味わってみてはいかがだろうか。

クリックしてくださると「明日は大岳山に行って、帰りに長尾茶屋が開いていれば八海山でも飲んでくるつもりです。」も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« モウチュウ、盲腸治り、退院。 | トップページ | 御前山・三頭山(速報)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251015/45047104

この記事へのトラックバック一覧です: 『定家明月記私抄 正・続』 堀田善衛 著 (ちくま学芸文庫)。:

« モウチュウ、盲腸治り、退院。 | トップページ | 御前山・三頭山(速報)。 »