« モウチュウ、盲腸を取る! | トップページ | モウチュウ、盲腸治り、退院。 »

2012年4月25日 (水)

岩殿山と勝沼ぶどう郷の桜(本編)。

2012年4月15日(日)、たびままと岩殿山・勝沼ぶどう郷に桜を見に行ってきました。

9時頃青梅の家を出ます。
青梅線を拝島で乗り換え、八高線。
八高線を八王子で乗り換え、高尾まで。
高尾で下りの中央線を待っていると、東京駅始発の大月行きが入線してきました。
どうやらもう少し青梅を遅く出てもこの電車に乗れたようです。

大月駅10:54着。

トイレを済ませ、靴紐を締めなおし、準備が出来たところでたびままと二人だけですが「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて、11:03歩行開始。

民家の間を抜け、踏切を渡り、桂川を渡り越す橋の手前まで来ると岩殿山がどぉ~んと見えてきます。

100dsc00189←桜が見頃のようです。先ほど電車の中からも見えていましたが。

登山口にとりつくと、およそ登山とは縁のないような人たちがたくさん歩いています。
花見は途中の丸山あたりで充分なのです。

100dsc00190←タチツボスミレ。桜もいいのですが、足元のスミレにもやはり春を感じます。

100dsc00191←少し登ったところで大月市街を見下ろす場所に出ます。真ん中あたりに富士山が大きく見えるはずなのですが、どうやら今日は雲に隠れて富士山は見えないようです。

たびまま「残念だね」
私「去年はバッチリだっただけに今年は残念だねぇ。でも仕方ないね」
たびまま「桜は丁度よさそうだから、去年がバッチリ過ぎたってことだね」
私「そうそう」

100dsc00192←「岩殿山 桜まつり」開催中です。特に出店があるというような祭りではありませんが、夜も花見が出来るように提灯に明かりが点ったりはするようです。

100dsc00193←岩殿山は「岩殿城址」でもあります。

100dsc00194←下から見た時に見えた「岩殿城跡」の看板の裏側です。100dsc00195

100dsc00196←青空も見えているのですが、富士山は雲に隠れたままです。「あの辺に見えるんだけどなぁ~」と呟くばかりです。

100dsc00197←桜と岩殿山。垂直な岸壁は「鏡岩」。

100dsc00198←相変わらず富士山は姿を見せてくれません。

100dsc00199←丸山に到着。桜はバッチリ見頃です。

100dsc00200 100dsc00201 100dsc00202

丸山の桜はまた帰りにゆっくり見ることにして、まずは岩殿山頂上をめざします。

100dsc00203 100dsc00204←大月市街と桜。

100dsc00205←ジュウニヒトエ。

100dsc00206←雲がだんだん少なくなってきました。もしゃと思ってそのあたりを見てみると・・・
私「たびまま、あれ、あれ!」
富士山という言葉がなかなか口から出てこなくて「あれ、あれ!」と叫んでしまいました。
私「白くてわかりにくいけど富士山の頭だけ見えてるよ」
たびまま「ホントだ!」
私「やったね!」
この写真ではほとんだわからないでしょうが・・・100dsc00207

100dsc00208←頂上まではあと少し。

Dsc00209←昨年も頂上直下に咲いていたカタクリの花。今年もここで出会えました。Dsc00210

100dsc00211←本当の頂上ではありませんが、頂上の一画であって鏡岩の真上、大月市街を一望する場所に着きました。
富士山は・・・頭と裾だけほんの少しチラッと見えています。

私「んじゃ、頂上にひとまず行ってくんべ」
たびまま「あいよ~」

100dsc00212←12:09、頂上着。標高は634m。スカイツリーと同じ高さ。烽火台(のろしだい)。この頂上は電波塔が立っており眺めもよくない。
早々に先ほどの眺めのいい場所まで下ることにする。

Dsc00215←ここは3年前に皆で花見をやった懐かしい場所。

2009年4月の詳しい様子へ是非コチラを>>>

ザックを置き、腰を下ろしたらまずお湯を沸かすのだが、ガスの残量がどうも少ない。

私「しまった~。この前(4/8)かなりガス使ったんだった~。チェックするの忘れた・・・」
たびまま「じゃあラーメン2袋はダメでも1袋なんとかならない?お湯はあるから」
そうでしたそうでした。お湯は480ml持ってきたのでラーメン1袋ならなんとかなるかも。

Dsc00213←なんとか1袋だけ出来上がったラ-メン。たびままが握って持ってきてくれたおにぎりと共においしくいただきます。

Dsc00214_2 Dsc00216←山で食べるラーメンはなぜこんなに美味しいんでしょう。

もう一度なんとかお湯を沸かし、コーヒーをいただきます。
至福のひと時・・・
私「ラーメン一袋にしておいてよかったぁ。二袋茹でたらコーヒーは飲めなかったかも」
荷物のチェックを怠るからいけないのです。

12:55頃、腰を上げ、もう一度鏡岩の真上、大月市街を望む場所に戻ります。

100dsc00217←大月市街の向こうに富士山が見えます。

Dsc00218←アップで撮影。

100dsc00219←鏡岩の真上から丸山の桜を見下ろします。桂川も見えます。

100dsc00220←たびままも携帯電話で富士山を撮影。

Dsc00221←三脚・セルフタイマーにて記念撮影。Dsc00222

Dsc00223 Dsc00224←カタクリをもう一度見てから下山開始。13:14。

Dsc00225←キブシ。

Dsc00226←ヤマブキ。

Dsc00227 Dsc00228 100dsc00229 Dsc00230 Dsc00231 Dsc00232 Dsc00233 100dsc00234 Dsc00235 Dsc00236

100dsc00237←丸山まで下ってきました。富士山と桜。濃いピンクは桃の花でしょうか。

100dsc00238 100dsc00239 100dsc00240←富士山と桜と大月市街。こういう写真が撮りたかったのです。が、だんだんまた富士山が雲に隠れてきました。

100dsc00241←鏡岩を見上げます。

100dsc00242

100dsc00243←花見をする人も午前中より増えてきました。

100dsc00244←ミツバツチグリ。

岩殿山を下りたら大月駅まで戻ります。
勝沼ぶどう郷に移動し、またまた桜を堪能。

100dsc00245 100dsc00246←勝沼ぶどう郷駅ホームにて撮影。

100dsc00247 100dsc00248 100dsc00249←電機機関車EF64が静態保存されている「鉄道遺産記念公園」。
花見客もたくさいいいたが、鉄ヲタもたくさんいた。

100dsc00250 100dsc00251

100dsc00252←勝沼ぶどう郷は1993年まで「勝沼」駅だった。1968年までは「スイッチバック駅」であり、その遺構が公園として整備されている。

100dsc00253←周りにたくさんいた「撮り鉄」に倣ってEF200を撮ってみました。

100dsc00254

テクテク歩いてぶどうの丘に向かいます。

100dsc00255←ぶどうの丘中腹から勝沼ぶどう郷駅方面を撮影。

100dsc00256←ぶどうの丘も桜が満開でした。

100dsc00257←南アルプスは右端にやっと甲斐駒が見えるだけ。桃の花のピンクの絨毯が少し甲府盆地に見えています。

100dsc00258←今日は暖かかったので少し汗をかきました。天空の湯で汗を流しましょう。

100dsc00259←風呂上りに展望ラウンジにて。私はこのあと赤ワインを一杯。120415_160410

ぶどうゼリーをお土産に買い、ついでに赤ワインの安いのを一本買い、勝沼から各駅停車に乗って電車内でちびちびと飲みながら帰ったのでありました。
120415_175728

クリックしてくださると「今日から6日年休。今日は青梅総合病院に旅人の見舞いに行ってきます。」も喜びます。→
人気blogランキングへ

|

« モウチュウ、盲腸を取る! | トップページ | モウチュウ、盲腸治り、退院。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

一昨年秋、岩殿山に登りましたが「桜」がこんなに綺麗に咲くとは思いませんでした。それに「カタクリ」がある事も全く判りませんでした。。。。。。

車で行ったので往復でしたが「秋」の風景と可成り違いますね~!


投稿: J-Blue | 2012年4月25日 (水) 18時01分

J-Blueさん、
岩殿山は「桜と富士山」のショットを撮るのに誠に好都合な山なんですよ。
そしてこの時期にはカタクリも咲きますしね。
駅から歩いて行けるので花見宴会にも好都合。
来年は是非この時期に行ってみてはいかがですか?

投稿: たけぱぱ | 2012年5月 7日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251015/44988111

この記事へのトラックバック一覧です: 岩殿山と勝沼ぶどう郷の桜(本編)。:

« モウチュウ、盲腸を取る! | トップページ | モウチュウ、盲腸治り、退院。 »