« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

美ヶ原スノーシュー(本編)。

2012年1月28日(土)、あかべこ隊長企画の「美ヶ原スノーシュー」に参加してまいりました。

5時起床。
着替え・パッキングを済ませ、6時頃青梅の家を出ます。
青梅駅前のコンビニに寄り、おにぎりとお茶を買います。

青梅発6:16発の電車に乗り、拝島で八高線に乗り換えます。
北八王子駅に6:47着。

周りには工場しかないような駅だと思っていましたが、西口にはコンビニや居酒屋までありました。
ここでぴっと号に拾われる予定です。
まだぴっと号は来てなさそうですので、コンビニで待たせてもらうことにしました。

コンビニに入ってすぐ、同じくここで拾われる予定ののぼろうぜ氏の顔が見えました。
やがてほぼ時刻どおりにぴっと号が現れ、明大前ですでに拾われてきた味ん子・ニッチさんにご挨拶。
ぴっと号の5名は中央高速に乗り、美ヶ原を目指します。

120128_084740←8:40頃、諏訪S.A.で休憩。
小腹が減ったのでアンパンを買って立ち食いしました。
味ん子・ニッチさんも信州名物「お焼き」を買って食べていました。

ぴっと号は岡谷インターで中央道を降り、国道142号を北上。
旧和田村役場前を左折、県道を美ヶ原へと走ります。

樹氷がきれいになってきたな、と思う頃、前にYOSHIKI号が停まっているのが見えました。
YOSHIKI号はゆっくりとバックしてきます。
ぴっと「何やってんだろ」
味「登れなくなったんじゃない?」

やがてYOSHIKIさんが車から降りてきて、
YOSHIKI「チェーン巻きます。もう少し広いところまでバックしていただけますか」

少しバックして道が広くなったところでYOSHIKI号を残し、先に進むことにしました。
が、少し登ったところで「やつ号」が待っており、ぴっと号もそこでYOSHIKI号を待つことに。

やがてチェーンを巻いて登ってきたYOSHIKI号ですが、ついにチェーンも切れてしまったようでした。

100dsc08773 100dsc08774←YOSHIKIさんの格闘を心配そうに見守る面々。

そうこうするうちに名古屋から参加のフーさんも追いつき、YOSHIKI・さーの二人をあとで迎えにくることにして「ふるさと館」まで3台の車で先行することになりました。

ぴっと号はふるさと館前の駐車場に着いたところで4名を下ろし、YOSHIKI・さーを迎えに行きます。
ずっと外で待っていた人もいましたが、ぴっと号が帰ってくるまでとても外で待っていられる気温ではありません。
ふるさと館も冬季は営業しておらず、暖をとるところがありません。

QP「たけぱぱさ~ん、こっちの車、イスをたためば皆(ぴっと号の4人)入れますよ~」
私「ホントにぃ~。じゃあお願いします」

味ん子は外で待っていたが、のぼ・ニッチ・私の3名はやつ号の後部に入れてもらい、その中でオーバーズボンを履いたり、スパッツを着けたり。

そのうちにトイレにも行きたくなり、ここは「男の特権」でちょっと皆と離れたところで雪に黄色いマーキングを。

100dsc08775_2←このあたりでマーキング。

1_large←待っている間の一コマ。あかべこ隊長撮影。

あかべこ隊長の携帯にさーさんから電話が来たようで「追いかけるから先に行っていてくれ」とのこと。

11:15頃、11名でふるさと館前駐車場を出発。

100dsc08776←ふるさと館前。雪は降ったり止んだり。

100dsc08777←行く手左手に見えるのが山本小屋。

100dsc08778←11:27頃、山本小屋に到着。ふるさと館前駐車場のトイレは開いてなかったので、女子中心にここで何名か100円也を払ってトイレに行く。
(ずいぶん時間がかかるなぁ~)と思ったが致し方ない。
そのうちに、さー・YOSHIKI・ぴっとの3名も追いついてきたので丁度よかったのかもしれない。

50_large←11:55頃、山本小屋を出発。ニッチさん撮影。

100dsc08779←この両側の柵には見覚えがあります。24年前の夏、「信州ワイド周遊券」を使って霧が峰と美ヶ原を一日で周ったことがあります。
柵の左ではスノーモービルで引っ張られて空を飛んでる人がいました。
柵の右前方に見えるのは「美しの塔」。

100dsc08780 100dsc08781

100dsc08782 100dsc08783←美しの塔(うつくしの塔)。

8_large←美しの塔を前にテンション上がっている53歳。24年前は29歳だったはずです。さーさん撮影。

100dsc08784←12:18、塩くれ場。牛に塩を与える岩がある場所という意味です。

100dsc08785

100dsc08786_3←元気な人達はフカフカの雪の中、柵の外を歩いていきます。

100dsc08787

100dsc08788←青空が見えると雪の白さが際立ちます。

降る雪に太陽の光が当たり、キラキラと輝くさまは荘厳でさえありました。

100dsc08789←右前方に王ヶ頭のアンテナ群が見えてきました。

100dsc08790←雪原の向こう、美しの塔を振り返ります。

100dsc08791

100dsc08792←王ヶ頭のホテルやアンテナ群がなんだか天空の城のようにも見えていました。
24年前の夏は「目障り」にしか見えませんでしたが、なんだか懐かしくて「早くあそこまで行きたい」と思ってしまうのでした。

100dsc08793←あともう少しで王ヶ頭です。

100dsc08796←13:06、王ヶ頭。

100dsc08797_2←三角点は雪に埋もれていました。

100dsc08794 100dsc08795←王ヶ頭(美ヶ原頂上)にて。14名で記念撮影。

32_large←王ヶ頭ホテルの少し下、テ-ブル&ベンチのあるところでお昼にします。ひろさん撮影。

100dsc08798 100dsc08799←三つのテーブルに分かれて座ります。こちらは雪と戯れるお~!やま~女史・ミケネコ・ニッチ・QP・ぴっとの5名。

100dsc08800←こちらはさー・味ん子・YOSHIKI・やつ・あかべこ隊長の5名。

81_large←真ん中のテーブルはひろ・のぼろうぜ・フーさん・私の4名。ニッチさん撮影。

私はお湯を沸かし、おにぎりを頬張りながらカップ麺を食べます。

79_large_2←ニッチさんのラーメンおいしそうです。ニッチさんカメラ。

100dsc08801←ホテルの前に3台雪上車がありました。

13:45、あかべこ隊長から「じゃあ、14時には出発しましょう」と声がかかりました。
ところが14時になって皆が動き出してものぼろうぜさんのザックがそのままです。
皆「のぼちゃん、まだトイレだよ」
それからかくれんぼが始まりました。

ある者は雪上車の陰に隠れ、ある者は雪の小山の陰に隠れ・・・
皆必死に隠れているのがおかしかったのであります。

やがてホテル玄関から出てきたのぼろうぜさんは普通にスノーシューを履き、ザックを背負い、歩き出していきました。

たまらず皆が「のぼろうぜさ~ん」と呼ぶとあわてて戻ってきました。
皆「戻ってこなくていいから・・・」

7分遅れの14:07、王ヶ頭をあとにします。

100dsc08802

下りはじめて10分ほどした頃でしょうか、
ミケネコ「スノーシューが片方無い・・・」
それから全員で捜索。
10分ほどで最終的にはフーさんが木の枝にひっかかっているオレンジ色のスノーシューを見つけました。

100dsc08803←天気もいいので途中からは完全に道をはずれ、フカフカの雪の中を思い思いに歩いていきます。

100dsc08804 100dsc08805 100dsc08806 100dsc08807 100dsc08808

100dsc08810_2←15:05頃、美しの塔。何名か鐘を鳴らす。私も最後に鳴らしました。

88_large_2←ニッチさん撮影。

100dsc08811←振り返ると美しの塔の向こうに王ヶ頭。

100dsc08812←山本小屋が見えてきました。

15:20、山本小屋に到着。
トイレに何名か寄って、少し歩くとふるさと館前、15:40到着。

100dsc08813

3台の車に分乗し、YOSHIKI号のところまで戻る。
4台で「和田宿温泉ふれあいの湯」に向かうのですが、YOSHIKI号はチェーンをはずすので少し遅れたので、3台とは別になり、少し迷ってから和田宿温泉に到着したようです。

100dsc08814←16:35、和田宿温泉ふれあいの湯に到着。

100dsc08815←300円という安さ!

温泉のあとは諏訪S.A.近くの「勝味庵」で夕食。

14_large←さーさん撮影。7191265_1511264152_168large←お~!やま~!女史撮影。勝味庵定食。

1474716_1508272875_131large←夕食を食べる皆さんに囲まれて私は反省会。カンパチ美味かったです。

やつ・お~!やま~!女史・のぼろうぜの3名は翌日も北八ツ高見石でスノーシュー。
フーさんは諏訪のビジネスHに戻る。
他のメンバーは帰宅へ。

ぴっと号は4名で東京に戻り、私は北八王子で22:35頃降ろしてもらい、22:41の八高線で拝島。
青梅線で23:10頃帰宅。

少し焼酎を飲んでから程よい疲労を感じつつ、グッスリと寝ました。

クリックしてくださると「いろいろとハプニングもありましたが、皆でカバーし合いつつワイワイと歩くのはやっぱり楽しいっすね。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

美ヶ原スノーシュー(速報)。

2012年1月28日(土)、美ヶ原でスノーシューを楽しんできました。

総勢14名。天気もまずまず。

のんびりゆっくりと美ヶ原を歩きました。

100dsc08792←王ヶ頭のホテルやアンテナ群がなんだか天空の城のようにも見えていました。

100dsc08795←王ヶ頭(美ヶ原頂上)にて。

クリックしてくださると「いろいろとハプニングもありましたが、やっぱりワイワイと歩くのは楽しいっすね。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

もう一度登りたい百名山 98 霧島山。

98 霧島山 (1700m)

一度目は1988年2月。単独。

97 阿蘇山の続きです。

肥薩線の人吉から吉松は「テツ」にとってはヨダレが出そうな区間である。「ループ線」有り、スイッチバック有り、「日本三大車窓」の一つが有り・・・。
吉松の駅弁がうまかった。
小林からえびの高原へバスで向かう。雪が積もっており、チェーンを着けるためにバスの中で30分待たされた。
11:30、歩行開始。2月12日、12:45、韓国岳登頂。

100dsc05039←88年2月12日、韓国岳山頂。

先に登っていたおじさんが「きもちよかですねー」と言っていた。
大浪池が見える。雪をかぶった高千穂峰も見える。桜島も!
あんまり気分がいいので予定外の開聞岳にも行くことにした。
明日の寝台特急「はやぶさ」の時間ギリギリだが、なんとかなるだろう。
その日は指宿YH泊。

二度目は2005年10月。花坂と。

40_4

←05年10月9日、韓国岳山頂。

2007年11月に「百名山落穂拾い」の意味合いで高千穂峰に登頂>>>

066←07年11月7日、高千穂峰山頂。

三度目は2008年6月。8名で。

前日に高千穂峰にも登っているので是非コチラを>>>

Utakachihotrim←08年5月31日、高千穂峰山頂。

Dsc01212_40←ミヤマキリシマが咲く季節だった。

翌6月1日に韓国岳~高千穂河原を縦走する。

Dsc01317_35_2←08年6月1日、韓国岳山頂。

韓国岳~高千穂河原縦走の様子は是非コチラを>>>

四度目は2009年8月。たびまま&岳人と。

100dsc08893←09年8月24日、韓国岳山頂。

2009年8月の詳しい様子は是非コチラを>>>

今度行くときもミヤマキリシマの季節に行ってみたいなぁ。
九州の旅はどれも思い出に残っています・・・

クリックしてくださると「今度韓国岳に行くときにはほらみたけ氏の家(宮崎県小林市)にもお邪魔せねばなるまい。西都市のらいず師匠にも連絡せねば・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

『王朝文学の楽しみ』 尾崎左永子著 岩波新書。

00431294_2

2011年2月第1刷発行。

源氏物語や枕草子を原文で読めるほどの文学的素養は私にはないのだが、百人一首などに何度か触れるうちに少しずつ意味するところ・作者の言いたいことなどがなんとなくわかるようになってくるものだ。

この本の章立てを紹介すると、

第1章 王朝文学、二つの柱

第2章 『古今和歌集』の出現

第3章 日記文学の面白さ

第4章 歌から物語へ

第5章 暮らしの背景―王朝文学理解のために

第6章 紫式部と清少納言

第7章 『新古今和歌集』―王朝文学の終焉

となっている。

大雑把に言えば「古今から新古今の約300年」をわかりやくすく解説してある書である。

「古典など大嫌い」「何が書いてあるかさっぱりわからない」
などとおっしゃらずに、気楽に「古典解説書」から近づいてはいかがだろう。

王朝文学を楽しまないのは勿体無い

と、私はつくづく思います。

クリックしてくださると「今日も紀伊國屋書店に寄ろうかな・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

もう一度登りたい百名山 97 阿蘇山。

97 阿蘇山 (1592m)

一度目は1988年2月。単独。

95 九重山の続きです。

瀬ノ本のYHに泊まったのは私一人。
夕食も朝食もペアレントさんの家族とご一緒する。夕食は湯豆腐だった。朝食のミルクティーがうまかった。
ペアレントさんも山好きのようで長女が美峰(ミネ)ちゃん・犬の名前が岳(ガク)。岳がバス停まで見送ってくれた。
バスで阿蘇の麓まで。ロープウェイで中岳火口。このあたりは暖かかったが、稜線に出るとさすがに寒かった。
13:30、誰もいない高岳頂上に立つ。

100dsc05041jpg_trim←1988年2月10日、高岳頂上にて。

その日は人吉まで移動。駅前の温泉旅館に投宿。

二度目は2005年11月。花坂と。

40_3

←05年11月23日、阿蘇高岳山頂。

下山後、黒川温泉「新明館」に宿泊。
入湯手形で温泉三昧。
100dscf0813 100dscf0814
夕食後、「山みず木」に宿の車で連れていってもらう。星を見上げながらの露天には感動した。
新明館の洞窟風呂の立ち寄り湯は21時まで。22時頃、洞窟風呂の混浴に行ってみると、それは素晴らしい「目の保養」になった。

三度目は2009年8月。たびまま&岳人と。

100dsc08729←2009年8月21日、高岳頂上にて。

2009年8月の詳しい様子は是非コチラを>>>

下山後、「阿蘇くじゅう高原ユースホステル」と名を変えて復活したYHに(以前は「阿蘇瀬の本YH」)驚くほど安い料金で泊まる。
同宿の縁で保険のおばちゃんに黒川温泉「山みず木」に車で連れていってもらった。

九州は人情が篤い・・・今度はゆっくりゆっくり旅がしたいなぁ・・・

クリックしてくださると「黒川温泉は最高です。何度行っても最高!」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

大岳山にも雪が。

Ca4o8jsb←今朝(1/24)の大岳山。

朝日が当たっていつもと違う大岳山。

さて、今日も青梅ライナーに乗れるよう頑張ろう、おぉ!

クリックしてくださると「やっぱり雪が積もりましたね・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

もう一度登りたい百名山 96 祖母山。

96 祖母山 (1756m)

一度目は2006年6月。単独。

熊本空港からバスで立野へ。
立野駅前の食堂でうどんを食べて昼飯にする。
立野からJRに乗り緒方へ。
緒方のスーパーで食料や飲み物・酒などを買って、タクシーで尾平へ。
朝から降ったり止んだりだったが、歩き出して間もなく、本格的に降ってきた。
雨のためか、意気も上がらず、スピードも上がらない。
頂上に達した頃には夕方6時をまわっていた。
疲れ果て、暗くなって心細くもなってきた。
九合目の小屋の灯りを見つけたときはホッとした。
小屋にはカップルが一組。鳥の声を録音しにきたそうだ。だがどう見ても「○倫」カップルだ。男性50代・女性30代。
ストーブが赤々と燃えている。ありがたい。三人でビールや焼酎を飲みながら山小屋の夜は更けていく。
私は2階へ。カップルは1階で就寝。
ここは電波が通じた。家と花坂にメール。

翌朝起きてみると6時をまわっていた。しまった、バスの時間に間に合わない。遅くとも5時前には起きるつもりだったのに。
小屋の前ではカップルの男性が集音マイク片手に鳥の声を録っているようだった。
女性「お酒もいいもんですね!」 
私「せっかくお二人のところをお邪魔してスミマセンでした」
お二人に別れを告げ、神原に向け下ってゆく。少し急いでみたが、五合目小屋あたりであきらめた。自然林のなかをゆっくり下ってゆく。なるほどここなら鳥もたくさんいるだろう。
神原まで歩いてタクシーを呼んで豊後竹田駅へ。
駅前の温泉で汗を流し、バスで熊本空港へ。伊丹空港へ飛んで、新大阪で花坂に山行報告。その夜も痛飲。

二度目は2006年12月。花坂と。

その年の12月10日、花坂と雪中登山。
九合目小屋にはおもしろい管理人がいた。泊り客は我々だけだった。
頂上からは雪をかぶった九州の山々が見渡せた。

Dscf0841_40←2006年12月10日、祖母山頂上にて。

今度はもっとゆっくり時間をとって、傾山にも足を伸ばしてみたい。 

クリックしてくださると「今日(1/23)は雪が積もるでしょうか・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

高川山へ(今年2回目・本編)。

2012年1月18日(水)、たびままと高川山に行ってきました。

どこの山に行こうか当日の朝まで散々迷った挙句、富士山を見に今年2回目ですが、高川山に行くことにしました。

朝ごはんを家で食べ、大急ぎで支度をし、8:30頃青梅の家を出ます。
青梅駅前のコンビニでカップ麺を二つ買い、8:48青梅発の電車で立川まで。
立川で中央線下りに乗り換えて、高尾まで。
高尾で松本行きに乗り換えるとBOX席ですので旅心が沸きあがってきます。
ロングシートはなかなかこうはいきません・・・

大月駅で特急に抜かれるため何分か停車。
その間にホームにある売店でワンカップの赤ワインを買いました。

1474716_1497349979_63large←大月駅ホームから。岩殿山が写っています。

10:48、初狩駅に到着。
トイレを済ませ、靴紐を締めなおしたら駅前で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、10:55歩行開始。

100dsc08744←初狩駅舎。

民家の間を抜け、中央線のガードをくぐるとこんな看板があります。

100dsc08745←天気のいい日はこんなにキレイに富士山が見えるハズです。

100dsc08746←ビッキーのお墓がある自徳寺を横目に見て、舗装道路を登っていきます。

2008年1月5日のビッキー>>>

2009年1月4日のビッキー>>>

2010年4月3日のビッキー>>>

100dsc03098 100dsc03104 100dsc03107 100dsc03108←私が最後に見たビッキー。2010年9月9日のことです(4枚とも同じ日に撮影)。

2010年10月6日、高川山の山頂から一段低い岩の上でビッキーは眠るように亡くなっていたそうです。

100dsc08747←麓の日の当たらない所には雪が残っており、少し心配になりました。

100dsc08748←この看板を見て、熊鈴を取り出してザックにぶら下げます。

100dsc08749←雪は降ったばかりではなく、日が少しでも当たるところは解けていましたので、それほど心配はないようです。

100dsc08750←ここから山道に入ります。

100dsc08751 100dsc08752←雪はあっても歩行には全く差し支えないくらいの少なさです。

100dsc08753←沢の向こうは採石場になっています。ブルトーザーの音が悲しい響きをたてていました。
2週間前に来たときはお正月モードだったようで大変静かでしたが・・・

今日は風もなく、歩いていると少し汗ばむ位の暖かさです。
ダウンジャケットを脱ぎ、ゆっくりと登っていきます。

100dsc08754←男坂・女坂の分岐。先々週と同じように登りは女坂で。

100dsc08755

100dsc08756←三ツ峠。さぁ、富士山はどうだろう・・・

しばらく登ると富士山が見えてきました。

100dsc08757←先々週よりはよく見えています。

2012年1月4日の高川山の様子は是非コチラを>>>

100dsc08758←間もなく頂上です。

100dsc08769←12:15、高川山頂上に到着。標高975.7m。

100dsc08759←高川山頂上からの富士山。100dsc08760

100dsc08761←富士山の見える位置に座り、おにぎりを頬張ります。
その間にお湯を沸かします。
お湯が沸いたらカップ麺にお湯を注ぎ、3分待ってカップ麺をいただきます。
たびままはシーフード、私はカレーヌードル。

もう一度お湯を沸かし、コーヒーをと思ったのですが、ザックにコーヒーがありません・・・
たびままも持ってきていないようでした。
が、「抹茶入り粉緑茶」がザックに入っていました。
たびままが豆大福を持ってきていたので、熱いお茶を飲みながら大福をいただきます。
普段はこんな甘いものは食べませんが、富士山を見ながらお茶に大福はこれはこれでまた「至福のひと時」ではありました。

三角点の脇に「ビッキー」と書かれた屋根付の木の箱があり、その中に在りし日のビッキーの写真が入っています。

100dsc08762←ビッキーの写真に見入るたびまま。

100dsc08763←たびままの向こうに見えるのは、左から滝子山・ハマイバ・雁ヶ腹摺山。

左に目を移していきます。
よく目を凝らしてみると、南アルプスが見えているではありませんか。

100dsc08764←アップで撮影。鳳凰三山。

100dsc08765←同じくアップで。間ノ岳。

富士山も南アルプスも見れたので今日は大満足です。

100dsc08766

100dsc08767←三脚・セルフで記念撮影。しゃがんで富士山を入れたつもりでしたが、私の頭で富士が隠れています。

100dsc08768_2←気を取り直してもう一枚。標柱の向かって右にうっすらと富士山が浮かんでいます。

13:02、高川山頂上をあとにします。

100dsc08770←下りは男坂を行きます。

一気に下り、14:02初狩駅に到着。
改札を抜けホームに向かおうとすると特急が左から来るではありませんか。
ホームに行くまでには何本もの線路を越えていくので、一瞬立ち止まりますが、我々が越えていく線路に特急が通るわけもなく(線路は汽車時代のスイッチバックの名残です)、特急はせせら笑うように通り過ぎていきました。

100dsc08771←初狩駅ホームにて。後ろは滝子山です。

100dsc08772←14:06発の高尾行き電車。

Cahukiah←大月駅で買っておいたワインをいただきます。
つまみはおなじみの「なとり」のカルパスとチーカマ。

青梅の家には16:20頃着いたでしょうか。

この日は(も)家で刺身と焼酎。
たらふく飲んで眠ったことでありました。

クリックしてくださると「ビッキーのいない高川山、やっぱり寂しいですね・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

新年大岳山ハイク(本編)。

2012年1月9日(月)、YOSHIKI・さー・味ん子・私、の4名で今年最初の大岳山に行ってきました。

「突発イベント恐縮ですが、大岳山に行きませんか?」
と、皆に呼びかけたのが前々日の1月7日の22時頃。

翌日の1月8日(日)、YOSHIKI・さーのお二方が新宿の私の職場に寄ってくれたそうですが、その時間は丁度休憩時間で店の表には立っていませんでした。
そしてすぐお二人は参加の手を挙げてくれて、それを連絡用サイトで見ていた私は「シャキーン」となり、
(一人で長尾茶屋で飲んだくれている図を描いていたが、これはちゃんとせねば・・・)
もう一度真剣に翌日の行程を頭でなぞってみるのでした。

そのすぐあとに味ん子も手を挙げてくれ、結局4名で大岳山に行く事となったわけです。

======================================================

朝飯を家で食べ、たびままおにぎりを1個持ち、青梅の家を7:50頃出ます。

青梅駅始発の奥多摩行き電車最後尾に座っていると、立川から来た電車から乗り換えたであろうYOSHIKI・さーのお二方が現れました。
電車は8:06青梅駅を発車。

味ん子もこの電車に乗ったはずなので連絡用サイトに、
「味ん子、一番後ろの車両にいるよ」
と、書き込み。

間もなく前の方から味ん子も現れ、4名が揃いました。

御嶽駅発8:40のバスでケーブル滝本駅へ。
滝本駅で往復の切符を買い、ケーブルの出発時刻を待ちます。

100dsc08683←滝本駅のモンベルコーナーをちょっと冷やかしているうちに改札が始まります。

100dsc08684_2←9:00発のケーブルは青空号。

100dsc08685←帽子を借りて「クマ隊長」ポーズのおじさん2名。

席が空いてなかったのをいいことに4名とも先頭かぶりつきの位置に陣取ります。
そう言えば4名ともかなり鉄ちゃん・鉄子のような気がします。

100dsc08686 100dsc08688←じっと前方凝視の鉄子2名。目の輝きをお見せできないのが残念です。

100dsc08689←真ん中では線路が複線になり、日の出号とすれ違います。

ケ-ブルには6分の乗車ですが、かぶりつき位置でギャーギャー騒いでいるとあっという間です。

ケーブル御嶽山駅前の広場=御岳平からは関東平野を見下ろす事ができます。

100dsc08691←かなり霞んでいますが、なんとかスカイツリーが見えました。

100dsc08692←新宿の摩天楼が浮かんでいるように見えています。

100dsc08690←こちらもかなり霞んでいますが、日光の山々が見えます。日光白根や男体山。

100dsc08693←ほとんどわからないと思いますが、筑波山。

4名右手を前に出して重ね、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:14歩行開始。

100dsc08694←御嶽山駅前にて。「御嶽山(おんたけさん)」の地図を持ってきてしまって「お~!やま~!女史」ポーズのYOSHIKIさん。

歩き始めは武蔵御嶽神社に向かう舗装道路。
お隣の山=日の出山が見えます。
私「元日はたびままと日の出山に初日の出を見に行ってきたよ~」

2012年の日の出山から見た初日の出の様子は是非コチラを>>>

宿坊やビジターセンターの間を通り抜け、左に日の出山に行く道を分けると右に急坂があり、武蔵御嶽神社に行く道です。

100dsc08695←その坂を登りきると神代欅があります。
推定樹齢1000年。平安時代からここに立っていることになります。

100dsc08696←御嶽神社階段手前の宿坊&土産物屋ストリート。

100dsc08697←神社に登る階段前でトイレ休憩をとります。

今日は階段を途中で曲がらずに真っ直ぐ武蔵御嶽神社まで登っていきます。

100dsc08698←10:43、武蔵御嶽神社に到着。

私「そう言えば昨年(2011年)2月に、りつこオヤビン・ふかちん・ぴっと氏・オイラの4名でここに来て、オヤビンとふかちんがおみくじ引いたら二人とも凶でさ、そして二人とも去年はいいことあったよね~」
味「なにぃ~、ほなら私も引かなアカン」
と言ってザックから財布を取り出し、おみくじ売り場に突撃していきました。
味「頼むでぇ~」
と言いながら引いたのがこれ、

100dsc08699←大吉でした。100dsc08700

100dsc08701←おみくじを結びつける味ん子。

2011年2月の様子は是非コチラを>>>

御嶽神社から階段を下りずに真っ直ぐ長尾平に向かう道を下ります。

100dsc08702←長尾平には「長谷川恒男慰霊碑」があります。ハセツネ没後20年を記念して昨年10月に建てられたものです。

ここからロック・ガーデンの方にグングン下っていきます。
今日はスケジュールに余裕がありますので、おじゃる丸のごとくまったりまったり急がずあせらずまいります。

100dsc08703←下り切ったところにあるのが七代の滝。10:15。100dsc08704

七代の滝から鉄の階段をいくつも昇り返すと天狗岩に着きます。

100dsc08705←10:26、天狗岩。

せっかくですからザックを置いて天狗岩に登ってみることにします。

100dsc08706 100dsc08707 100dsc08708 100dsc08709 100dsc08710

100dsc08711←少し先に歩いて下から天狗岩を見上げる。

やがて沢沿いの道になる。
最もロック・ガーデンらしいところだ。

100dsc08712←岩を根っこがつかんでいるようです。

ところどころ沢の周りが凍っています。
ですが、ほぼ「木漏れ日の中」を歩くようで寒さはあまり感じません。

100dsc08713←10:48、トイレとベンチがある休憩所で小休止。

4612608_1487098466_126large_2←さーさん撮影。

100dsc08714←11:02、綾広の滝。100dsc08715

鳥居の脇にストックが2本置いてあり、さーさんがそれに気付き、上を歩いている人に向かって、
さー「あの~、ストック~・・・」
と叫ぶと、上から女性が一人「私、私」と言って慌てて下りてきました。

100dsc08716←11:04、あずまやに到着。ロック・ガーデンはここで終了。長尾平から真っ直ぐ来る道と合流します。

100dsc08717←あずまやから少し登ると沢を小さな橋で渡ります。

ここからは涸れた沢の右岸沿いに道がついています。
左岸に向かって「ヤッホ!」と叫ぶと「ホ!」と響くのがわかります。

100dsc08719←11:26、芥場峠。

100dsc08718←芥場峠には「クマ隊長」の看板があります。

お腹もすいてきましたので、急ぐわけではありませんがここでは休憩せずに先に進みます。

100dsc08720←それほど危険なところではありませんが、小学生の遠足で来る山ですので、そういうことも念頭においての看板設置なのでしょう。

11:57、大岳山荘テラスに到着。小休止。

100dsc08723

100dsc08721 100dsc08724←スッキリとはいきませんが、富士山もなんとか見えました。

100dsc08722_2←一番奥は丹沢の山並み。真ん中あたりは生藤山~陣馬山。一番手前の尾根は馬頭刈尾根。

大岳山荘からは10分ほどで頂上です。

100dsc08725←12:16、大岳山頂上に到着。標高1266.5mの三角点。100dsc08726

100dsc08727←大岳山頂上からは正面に富士山が見えます。ピンボケすみません。

100dsc08728←頂上の一角に陣取ります。陽が射して暖かく、まさに陽だまりハイクとなりました。
おにぎりを頬張りながらお湯を沸かし、沸いたらカップ麺にお湯を注ぐ。
3分待ったらおいしくいただきます。

100dsc08729←誕生日祝いということでYOSHIKIさんからはゆで卵を、さーさんからはうずらの味付け卵をいただきました。

味「私、何も持ってないんで愛を・・・」
私「はいはい。たびままには内緒でね」

もう一度お湯を沸かし、コーヒーを淹れます。
(今年三回目の至福のひと時・・・)

100dsc08730←さーさんが箸の一方でチリトマトヌードルを、一方で抹茶ラテをかき混ぜたら「イタリア国旗」みたいな色になりました。

100dsc08731 100dsc08733←三脚・セルフで記念撮影。

13;02、山頂をあとにします。

13:38、芥場峠。

100dsc08734

13:51、あずまやで小休止。

100dsc08735_2←天狗の腰掛杉。

14:15頃、長尾平の長尾茶屋に到着。
長尾茶屋は週末のみ営業。
今日は成人の日の祝日です。

100dsc08736←店主の川崎直之さんにお金を払うYOSHIKIさん。
川崎さんは日本で二人しかいない「マスター・ソムリエ」の一人です(もう一人は田崎さん)。
都岳連の指導員でもあります。

100dsc08737←ワンカップを温めてもらいます。

4612608_1487099819_247large←さーさん撮影。

100dsc08738←こちらは「山伏ビール」。何人かで割り勘で飲んでみたいですね。暖かくなってからですね。

100dsc08739←女子二人は店主おすすめのホットワインを。

100dsc08740←YOSHIKIさんは澤乃井を、私は八海山を。

4612608_1487100594_211large←さーさん撮影。

100dsc08741←長尾茶屋で乾杯、の図。

100dsc08742←さーさんが左手に持っているのは店主が出してきてくれたドイツの赤ワイン。ホット用。

長尾茶屋でゆっくりしたいところだが、夜の部もあるので川崎さんに「また皆を連れてきますよ」と、挨拶し、ケーブル駅へ向かう。

15:24、御嶽山駅着。

100dsc08743←下りは日の出号。15:30発。

バスの丁度いいのがなく、ほろ酔いでJR御嶽駅まで歩く。

16:22発の電車で青梅まで。
青梅で東京行きに乗り換えるが、さーさんは温泉に寄らず帰るとのこと。
三名は河辺で降り、駅前の梅の湯であたたまってからまた電車に乗り、福生「や台や」で反省会。

111228_170340 111228_171522

飲み放題はついつい飲んでしまいます・・・

クリックしてくださると「味ん子の大吉はホントに大吉なのか・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

高川山へ(今年1回目・本編)。

2012年1月4日(水)、デラウウエアさんと高川山に行ってきました。

7:05青梅発の電車に乗り立川へ。
立川で中央線下りに乗り換えて高尾へ。
高尾で甲府行きに乗り換えて初狩駅に8:54到着。

100dsc08665←初狩駅舎を出たところでデラウウエアさんに声をかけられました。
本日初対面です。

二人だけですので特に気合も入れずそのまま9:00頃歩行開始。

ガードをくぐり、中央線の南側に出ます。

ビッキーのお墓がある自徳寺を横目に見て、舗装道路を登っていきます。

2008年1月5日のビッキー>>>

2009年1月4日のビッキー>>>

2010年4月3日のビッキー>>>

100dsc03098 100dsc03104 100dsc03107 100dsc03108←私が最後に見たビッキー。2010年9月9日のことです(4枚とも同じ日に撮影)。

2010年10月6日、高川山の山頂から一段低い岩の上でビッキーは眠るように亡くなっていたそうです。

100dsc08666←登山口。このあたり、熊もいるしカモシカもいます。

デラウウエアさんとは初対面でしたが、共通の友人はたくさんいます。
その友人の話題で盛り上がり、他にも札幌の南区川沿に住んでいただの高校ではワンゲルだっただの共通点がいろいろとありました。

100dsc08667

100dsc08668←谷の向こう側は普段の平日なら山を削る作業をしているのですが、まだ1月の4日です。
今日は静かです。

100dsc08669←分岐です。登りは女坂で。

100dsc08670←沢コースとの合流点。

お天気の方は晴れと言っていいのでしょうが、風が冷たく上空もいまひとつスッキリしません。
ダウンジャケットを着たまま、首にはマフラーを巻いたまま歩いていきます。

100dsc08671←富士山もご覧の通り。いまいちスッキリと姿を見せてくれません。

男坂との合流点を過ぎると間もなく高川山頂上です。

100dsc08675←10:14、高川山頂上。標高975.7m。

100dsc08672←左から滝子山・ハマイバ・雁ヶ腹摺山。

100dsc08673←富士山は相変わらずスッキリしません。Cavxdki8

100dsc08674←リニア実験線が見えます。その向こう、リニアの路線が突っ込んでいくのは九鬼山です。

富士山の見える位置に座り、お湯を沸かします。
おにぎりを1個頬張り、お湯が沸いたらカップ麺にお湯を注ぎます。

100dsc08676←デラウウエアさんは鍋焼きうどんです。コチラの方が美味そうだ。

デラウウエアさんに水を少しわけてもらい、コーヒーを淹れます。
普段はあまりコーヒーを飲まないのですが、旅に出るとコーヒーが美味いんですね、不思議と・・・

100dsc08677 100dsc08678←高川山頂上にて。

11:08、頂上をあとにします。

下りは男坂。
初対面でも共通の話題がたくさんあって、話をしながらあっという間に下山。

100dsc08679←中央線をくぐるあたりの案内看板。
これくらい富士山がきれいに見えるハズなのですが・・・

12:05、初狩駅に到着。

100dsc08680←初狩駅の営業時間。次回の参考のために。

100dsc08681←下りの電車で勝沼ぶどう郷駅まで移動。

勝沼ぶどう郷駅から15分ほど、ブドウ畑の中をテクテクと歩いて天空の湯へ。

100dsc08682_2 Ca1i0afd

天気のいい日には露天風呂からの南アルプスの眺めが素晴らしいのですが・・・

Cajimhq0←風呂上りに展望ラウンジで反省会。

ほろ酔いでまた駅までテクテクと。
駅の売店でデラウウエアさんが赤ワインを私が白ワインを購入。

帰りの電車内で反省会の続き。

今度は新年会でお会いできるかな。

クリックしてくださると「今日(1/20)は青梅も雪景色です。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

『山の自然学』 小泉武栄著 (岩波新書)

4113nhynrgl__ss500_

以前、この著者の本を2冊紹介したことがある。

『日本の山と高山植物』&『自然を読み解く山歩き』・・・詳細はコチラを>>>


『日本の山と高山植物』が新書版でモノクロ、やや学術的な記述が多いのに対し『自然を読み解く山歩き』が単行本・カラー写真豊富・一般向けと言える内容になっている。

この2冊の出版が前者2007年・後者2009年と新しいのに対し、『山の自然学』は1998年が第1刷と出版自体は古い。

25章からなり、深Q百名山のように北の山(第1章は礼文島)から始まり第25章は屋久島で終わっている。

ただ単に花の美しさを愛でるのではなく、「なぜこの花はここに咲いているのだろう?」「この山とあの山で咲く花が違うのはなぜだろう?」
そんな興味を持ったあなたは是非ご一読を。

以前紹介した2冊同様、
「スポーツとしての登山、ストレス解消としての登山にすでに飽き足らなくなった方にはとてもオススメの本であります。」

クリックしてくださると「皆様、山関係の本で何かオススメはありませんか?」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

高川山へ(今年2回目・速報)。

2012年1月18日(水)、たびままと高川山に行ってきました。

100dsc08747←麓の日の当たらない所には雪が残っており、少し心配しました。
が、山に入れば全く歩きやすい状態でした。

100dsc08768_2←高川山頂上にて。標柱の向かって右にうっすらと富士山が浮かんでいます。

100dsc08759←アップで撮影。

温泉には行かず、帰りの電車内でワインを少しいただきました。

クリックしてくださると「ビッキーのいない高川山、ちょっと寂しいですね・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

日の出山で初日の出を見よう(本編)。

2012年の登り初めは日の出山にたびままと行ってまいりました。
昨年と一昨年の正月は雲取山で迎えましたので、たびままと日の出山で初日の出を見るのは3年ぶりとなります。

2009年の初日の出の様子はよかったらコチラを>>>

2011年から2012年にかけての年越しは10数年ぶりでたびままと二人きりでTVを見ながら迎えました。

24時をまわったところで私はすかさず寝ましたが、たびままはジャニーズを見ていたようです。

2012年1月1日(日)、3:30頃起床。

支度をして、4:15頃青梅の家を出ます。

大晦日から元旦にかけて青梅線は終夜運転。
4:33青梅発の電車は立ち客も出るにぎわい。
青梅から御嶽駅までノンストップです。

御嶽駅前のバス乗り場は大行列です。
3台くらい待ってやっと乗ることが出来ました。うまいこと座れて今年はラッキーかも。

ケーブル滝本駅でも行列でしたが、こちらはケーブル2本分くらい待っただけで乗れました。
5:35頃、御嶽山駅に到着。

標高831mの御嶽山駅前を「御岳平」と呼びます。

100dsc08624←御岳平から見た東京の夜景。上手に撮れてません。実物はもっときれいでした。

二人で「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、5:45歩行開始。

武蔵御嶽神社へ向かう道は沢山の人が歩いています。
が、宿坊の立ち並ぶ道の途中で神社に行く道を右に見て、日の出山に行く左の道に入ると静かになります。

最後の宿坊の横を過ぎると道は真っ暗。
ヘッデン無しでは歩けません。

100dsc08625

歩いているうちにうっすらと空が明るくなってきます。

100dsc08626_2←日の出山頂上直下の東雲山荘。昨夜から今朝が一番混んだのではないでしょうか。
消防団もここに本部を置くようです。

6:40、日の出山頂上に到着。

100dsc08627←頂上には目検討で400人くらいいたと思います。
皆同じ方向を見ています。

100dsc08628_2←振り返ると大岳山の左に富士山が頭だけ見えています。初富士です。

100dsc08629←日の出を待つ人達。向かって左の方に消防団員のヘルメットが見えています。

100caykmorh←たびまま撮影。買ったばかりのスマホで撮影。

100dsc08630←6:49、東の空がかなり明るくなってきましたが、雲がありまして「スッキリ地平線から日の出」とはいかないようです。

100dsc08631 100dsc08633 100dsc08634

100dsc08635_2←7:00、どうやら雲の上から日が出たようです。100dsc08636

100dsc08637←皆さんも「日の出の瞬間」と認めたようでシャッタ-を一斉に切ります。100dsc08638 100dsc08639

前の方で誰かが「バンザーイ、バンザーイ」と叫んでいました。
(それって3年前は消防団の人がやってたけど・・・)

100dsc08640←日の出山頂から見た大岳山。

100dsc08641 100dsc08642←完全に雲の上に丸い太陽が出ましたね。

100dsc08643←富士山をもう一度振り返って見てみます。

100dsc08645←「今年もよろしく哀愁」の人。

100dsc08647←たびままも後ろ姿で「今年もよろしくね」。

完全に日が昇りきってしまうと周りの人口は5分の1くらいになります。
上半身裸で記念写真を撮るボーイスカウトの軍団が気になりました。

ベンチに座ってお湯を沸かしカップ麺の朝食です。

100dsc08648←暖かい元旦でしたが、それでもカップ麺はうまい!

100dsc08649←富士山も朝日に輝いています。

もう一度お湯を沸かし、コーヒータイム。
初「至福のひと時」ですね。

100dsc08650←徐々に山頂も人が少なくなってきました。

100dsc08651←東京湾も見えました。アップで撮影。

100dsc08652←三脚・セルフで記念撮影。

100dsc08654←たびままの注文で。たびままが20で私が12だそうです。

100dsc08655←三角点。標高902m。

7:52、頂上をあとにしてつるつる温泉に向かいます。

100dsc08656_2←看板の向こう側は「花粉対策」のため伐採された個所です。

100dsc08657←顎掛岩。「日本武尊が蝦夷征伐の帰りにこの岩に顎を掛けて関東平野を見渡した」とのことだが、どの岩がそうなんだか・・・

100dsc08658

100dsc08659←8:45、山道歩きは終了。

林道をテクテクと歩いていき、つるつる温泉には9:02到着。
普段は10時オープンですが、元日は9時から営業しています。

100dsc08660 100dsc08661

オープンしたばかりなので、温泉の受付には行列が出来ていました。

100dsc08662←お年賀ということでタオルをもらいました。1474716_1474786323_199large

混んではいましたが、元日の朝から風呂に入るというのはやはり気持ちのいいものです。

100dsc08663←機関車バスで武蔵五日市駅まで移動。
バス車内ではチャリダー&山登ラーの集まりでしょうか、ビールやワインで乾杯している年齢バラバラのパーティがいました。

JR五日市線で武蔵引田まで移動。

100dsc08664←イオンモール日の出。

1474716_1474871384_89large←モンベルでちょっと買い物。

買い物を済ませたあとはお決まりの回転寿司へ。

1474716_1474916587_16large←「寿司めいじん」なう。

16時過ぎには青梅の家に帰り着きました。

夜は久しぶりの豚肉しゃぶしゃぶで腹いっぱい。
翌日は初売り。
早めに眠りに就いたことでした。

クリックしてくださると「明日はどこかお山に登りに行きます。また、たびままと。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

高水三山へ(2011年の登り納め)。

2011年12月29日(木)、総勢15名で高水三山に行ってきました。

やや前日のお酒が残っていましたが、7時頃起床。
今日は軍畑駅に10時集合と、時間に余裕があるのでゆっくり準備。

朝飯はお茶漬けで済ませて、9:15頃青梅の家を出ます。

9:32青梅発奥多摩行き電車に乗り、9:43軍畑駅に到着。

見知った顔は4名、さな・るみ姉・みぃ・みっちゃん。
初めての方が8名、私を含め計13名が軍畑の駅前に集まりました。
あと2人は少し遅れて来るようです。

100dsc08595←軍畑駅前にて。トイレに行ったり、靴紐を締めなおしたり。

準備ができたところで輪になって自己紹介。

20521697_1470816827_88large 20521697_1470816811_166large 20521697_1470816803_6large←3枚もちさん撮影。

10:05頃歩行開始。

100dsc08596←軍畑駅構内の踏切を渡ろうとしたら次の下り電車が来ました。遅れてくる二人のうち、信さんはこの電車で来たようです。

しばらくは舗装道路をテクテクと歩きます。

20521697_1470816777_76large←左からおかみさん・るみ姉・みぃさん(もちさん撮影)。

100dsc08597←信さん合流しました。

100dsc08598←高源寺。このお寺の前にトイレがあるので小休止。みっちゃんはお寺の境内で水を汲んでいました。

100dsc08599←高源寺前にクマ隊長の看板が・・・

100dsc08600←年末とは思えないポカポカ陽気ですので、皆さんここで1枚脱ぎます。

100dsc08601←高源寺から先はゆず畑が続きます。民家の縁側で100円ショップ営業中。

舗装道路のどんづまりから先は山道になります。

100dsc08602←砂防ダムの脇を登っていきます。

20521697_1470816287_182large←もちさん撮影。

このあたりで茄子権さんも追いつき、15名が揃いました。

100dsc08603←11:19、峠に出たところで小休止。

20521697_1470816261_187large←もちさん撮影。

20521697_1470816185_1large←もちさんカメラ。向かって左のピンクの山スカがもちさん。

しばらく植林の杉・ヒノキの間の道を行きます。

100dsc08604←11:48、常福院。100dsc08605

常福院にてトイレ休憩。

20521697_1470816115_12large 20521697_1470816141_191large 20521697_1470816156_195large←3枚もちさん撮影。

100dsc08606←「どうしてもつきたい人は願いをこめて一度だけ」と書いてあります。さなリーダーは何を願う・・・

20521697_1470816107_37large←私の願いは「家族の健康」のみ。もちさん撮影。

さて、常福院から少し登ると高水山頂です。

100dsc08607←12:06、高水山。

別パーティがなめこ汁なんぞを作っているのを冷やかしてから次の山へ向かいます。

100dsc08608←これを登りきると岩茸石山です。撮影するもちさんが写っています。

20521697_1470815954_210large←前の写真の状態で撮ったもちさん撮影画像。

20521697_1470815947_16large←もちさん撮影。

100dsc08609

100dsc08610←12:34、岩茸石山に到着。高水三山で一番高い山です。標高793m。

100dsc08611_2←思い思いに座り、ランチタイムです。

私もおにぎりを頬張りながらお湯を沸かし、カップ麺を食べます。
女子陣からいろんなおすそ分けに預かります。
それらをいただきながらもう一度お湯を沸かしコーヒーをいただきます。
今年最後の「至福のひと時」です。

100dsc08613←岩茸石山から見た川苔山。川苔山の左奥に雲取山が見えます。

100dsc08612←雲取山をアップで。

100dsc08614←真ん中緑の山が棒ノ折です。手前は黒山。

100dsc08615←岩茸石山の向こうは関東平野の北側です。

20521697_1470815892_105large←もちさん撮影。もちさん曰く「みっちゃんボーイズ」。

100dsc08616 100dsc08617←みっちゃんに号令をかけてもらって全員集合。記念撮影。

13:30頃、岩茸石山をあとにします。

次に向かうのは惣岳山。

100dsc08618←惣岳山の手前には少し急な個所があります。

とにかく急な個所だろうがなんだろうが笑いが絶えません。
某姉が大きな声で先頭から最後尾まで聞こえる声で笑わすの笑わさないの・・・
始終そんな調子ですから翌日も皆さん腹筋が痛かったという声が相次ぎました。

100dsc08620←14:04、惣岳山。100dsc08619

20521697_1470815804_242large 20521697_1470815766_248large←惣岳山にて。2枚もちさん撮影。

100dsc08621←さて、あとは下るのみです。

20521697_1470815618_162large←もちさん撮影。

20521697_1470815548_50large←もちさん撮影。「鉄塔を見上げる人達」。

20521697_1470815525_181large←もちさん撮影。まもなく歩行終了。

100dsc08622←15:20、御嶽駅裏の慈恩寺に下山。

20521697_1470815476_163large←もちさん撮影。

御嶽駅から電車で青梅駅まで。
青梅駅から河辺駅まで二駅移動。3名は風呂へ寄らず。

梅の湯で汗を流したあと、「梅寿庵」で軽く反省会。

20521697_1470815397_168large 20521697_1470815411_110large 20521697_1470815423_140large 20521697_1470815437_61large 20521697_1470815452_150large←5枚、もちさんカメラ。

姫ちゃんの飲みっぷりが気になりました。このあと別の忘年会に参加とのことで途中で消えていきました。

今度は「鍋登山」あたりでご一緒できるかな。

もちさん、この場をお借りして「写真たくさんお借りしました。ありがとうございました」

クリックしてくださると「この日記にて2011年の山登り日記は終了。2012年も低い山も高い山もたくさん登りますので、どうかひとつよろしく哀愁でございます。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

忘年大岳山ハイク(本編)。

2011年12月28日(水)、ブロッケン氏&ハルちゃんと大岳山に行ってきました。

2011年15回目の大岳山です。

ミドさんとまさとし(上ミノ)も手を挙げていましたが、致し方ない事情により二人ともキャンセルとなり、最終的には3名になりました。

8:01青梅発の奥多摩行き電車に乗り、8:18御嶽駅に到着。
御嶽駅前のコンビニ駐車場に行くとすでにガチャピンとバンビになったブロッケン氏とハルちゃんが車で待っていました。

ブロッケン「たけぱぱ、ゴメンね~。たけぱぱだけなら青梅で拾っていけばよかったね」
私「いやいや大丈夫ですよ。それより、もうコスプレ状態なのね・・・」

ブロッケン号でケーブル滝本駅の駐車場まで行き、8:42発のケーブルの発車時間を待ちます。

100dsc08554←青空号。

100dsc08555_2←モンベルコーナーを冷やかします。

100dsc08556←この恰好でケーブルに乗りました。

ケーブルは6分の乗車で標高831mの御嶽山駅へ。
御嶽山駅前の広場を「御岳平」と言います。

100dsc08557←御岳平から見た筑波山。

100dsc08558←同じくスカイツリー。

100dsc08559←同じく日光の山々。左から太郎山・男体山・女峰山。三枚ともアップで撮影。

100dsc08560←こちらはお隣の日の出山。

8:52、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、歩行開始。

100dsc08561←帰りのケーブルの時刻をメモ代わりに撮影。

100dsc08562←ケーブル御嶽山駅。

100dsc08563←子供にガチャピンスタイルを反応してもらって喜ぶブロちゃん。

100dsc08564←山道に入るまでは順番も関係なくゆるゆると歩きます。

宿坊やビジターセンターなどがある御師集落の間を歩き、日の出山に行く道を左に分けて、右の急坂を上ると大きな欅の木があります。

100dsc08565←神代欅。推定樹齢1000年。

土産物屋の間を通り、武蔵御嶽神社への階段を昇り、階段の途中で左に折れて大岳山に向かいます。

少し歩いたところに長尾平がありそこに長尾茶屋がありますが、茶屋は週末のみの営業なので今日は休業。
長尾茶屋と道を隔てて「長谷川恒男慰霊碑」があります。

100dsc08566←ここは「ハセツネカップ」の第3関門でもあります。

さて今日は時間もたっぷりありますのでロックガーデン経由で行きます。
グングン山道を下り、9:30七代の滝。

100dsc08567←七代の滝。100dsc08568

今度は鉄の階段をグングン昇ります。

100dsc08569←昇りきったところに天狗岩があります。

100dsc08570 100dsc08571 100dsc08572←天狗岩に登ってみました。

100dsc08573←天狗岩を振り返って撮影。

10:00、トイレのある休憩所のベンチで小休止。

100dsc08574←10:13、綾広の滝。御岳の宿坊ではここでの滝行に案内してくれるところがあります。100dsc08575

100dsc08576

100dsc08577←「御岳名木巡り」の一つ、お浜の桂。御師集落の神代欅も名木の一つです。

100dsc08579←10:20、ロックガーデンからの道と真っ直ぐ大岳山に向かう道の合流点にあずまやがあります。
お二人にあずまやで待っていてもらって、私一人で少し下ったところにある水場に向かいます。

100dsc08578←カップ麺とコーヒー用に水を汲んでいきます。

あずまやに戻りお二人と一緒に少し登ると小さな橋を渡ります。

100dsc08580←涸れた沢を小さな橋で渡る。大岳山に行く道で私が一番好きなところです。

100dsc08581←橋の上には少し雪が残っています。

涸れた沢の右岸沿いにゆるやかに登っていくと芥場峠に出ます。

100dsc08582←10:44、芥場峠。小休止。

100dsc08583_2←芥場峠にあるクマ隊長の看板。クマ隊長、顔がきりっとしてカッコいいです。

100dsc08584←芥場峠の少し上に少しだけ急なところがあります。「滑落注意」はいつも大袈裟だとは思いますが、小学生の遠足で来るところですから、念には念をというところなのでしょう。

100dsc08585←11:18、大岳山荘テラスに着きました。富士山が見えています。

100dsc08587_2←アップで撮影。

100dsc08586←一番奥は丹沢の山並み。真ん中は生藤山~陣馬あたり。手前の尾根は大岳山から派生する馬頭刈尾根。

大岳山荘から頂上までは10分ほどです。

100dsc08589←11:37、大岳山頂上に到着。標高1266.5m。

まずお湯を沸かしカップ麺を食べます。たびままのおにぎりも。
ブロちゃんは今日はワインではなく杏のお酒と梅酒を持ってきていました。
もちろん少々ご相伴に預かります。

100dsc08588←陽が当たってポカポカの頂上です。木の向こうですが真ん中は御前山。その左には三頭山。
ブロちゃんとハルちゃんは御前山にもこの恰好で登っているので、あと御前山にこの恰好で登れば「奥多摩三山コスプレ完登」となります。

100dsc08590 100dsc08591←三脚・セルフタイマーで記念撮影。

頂上でゆっくりと時間を過ごしました。
12:30、大岳山頂上をあとにします。

13:07、芥場峠。
下りは真っ直ぐにケーブルの駅を目指します。
100dsc08592

100dsc08593←名木巡りの一つ、天狗の腰掛杉。

13:47、長尾平。

14:10、ケーブル御嶽山駅に到着。

100dsc08594←下りのケーブルも青空号でした。

滝本駅からブロッケン号で河辺駅前の梅の湯に移動。
ゆっくり汗を流したらまたブロッケン号で福生に移動。

Cav2xx94 Caum9d1r_2←「2時間飲み放題1000円」の威力でたらふく飲み、途中からは記憶が全くありません・・・
ブロちゃんは福生で「ビバーク」してから帰ったのでしょう。

クリックしてくださると「次の日(12/29)は高水三山でした。かなり酒が残っていました・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

景信山でもみじ鍋・ぼたん鍋(本編)。

2011年12月23日(金・祝)、サコー岳園長企画・恒例となりました「もみじ鍋」に参加してまいりました。

メンバーはいろんなところから集まり、総勢35名。

タイトルは「第4回もみじ鍋・ぼたん鍋とダイヤモンド富士&反省会」。

我が家のたびまま&旅人も参加させていただきました。

========================================================

当日の朝、栃木から駆けつけるメンバーもいましたが、我が家のある青梅から高尾へはそれほど遠くありません。
朝飯を家で食べ、支度をしたら8:15頃青梅の家を出ます。

8:29の電車で立川、立川で中央線下り電車に乗り換え、高尾駅には9:22到着。
高尾の改札の向こうにはサコー岳園長の顔が見えました。

小仏行きのバスは続行便も出るにぎわいです。
私達もバスに乗ろうとすると先行便にうららさんファミリーやQPさんの顔が見えました。
後ろのバスに乗ると最後にサコー岳園長が乗ってきました。
席が離れていましたので、指と目で「女房です、旅人です」と挨拶。

バスは9:32発車。
9:52に小仏バス停に到着。

100dsc08522←小仏バス停。

サコー岳園長「皆さんちょっと集まってくださ~い」
との掛け声で輪になって集合。

100dsc08523←サコー岳園長から簡単に今日の行程を説明。「自己紹介は上で」。

10時ちょっと前に歩き出す。
先頭はサコー岳園長。
サコー「たけぱぱさん、すみませんが最後尾でお願いします」
私「承知しました」

最初はアスファルト道をテクテクと歩く。

100dsc08524←10:10、小仏トンネルの入口の上あたりで山道に入ります。

最後尾の私の前を旅人が歩き、そのすぐ前にフーさんが歩いています。
旅人の野球談義にフーさんが付き合ってくれます。
フーさんはとにかく古いことまでよく知っていて、旅人を飽きさせません。

100dsc08525←10:30頃、道が少し平らになったところで小休止。

100dsc08526_2

今年(2011年)一年を自分の中で振り返りながら歩きます。
(仕事的には辛くなったけど、その分つぶやいてたら、それに対して反応してくださる方が多かったなぁ・・・などなど・・・)

100dsc08527←10:54、小下沢との分岐に出ます。

ここからは道もゆるやかになり、振り返るとスカイツリーや筑波山などが見えます。

トイレを左に見て最後の急坂を登ると景信山頂上です。11:10着。

100dsc08528←すでにサコー岳園長の挨拶が始まっていました。

サコー「山において鹿が増えすぎており、このままでは生態系に深刻な影響をもたらします。ハンターが激減していることも原因です。山の生態系維持には狩猟が必要です。前置きはこのぐらいにして山の恵みをいただきましょう。今日はもみじ鍋2、ぼたん鍋1で用意してます」

鍋奉行は、まさとし(上ミノ)・お~!やま~!女史・かじゅ、のお三方。

100dsc08530←サコー岳園長がしとめた鹿肉です。

肉を切り、茹でてアク抜きをし、野菜と共に鍋に放り込みます。

私は手の出しようもないのでその様子を撮影するのみ。

100dsc08532←こちらはお~!やま~!女史の鍋部隊ですね。

100dsc08529←関東平野を隔てて筑波山が見えます。

100dsc08531←こちらは日光の山々。左から太郎山・男体山・女峰山。

100dsc08533←鹿肉投入。

100dsc08534←しいたけ投入。白魚のような手は女史の手です。

100dsc08535←味噌とみりんと料理酒で味付けをしてほぼ完成。

出来上がった鍋に群がる人々。
今日は総勢35名です。

100dsc08536←次男旅人。この人は肉を食べられませんのでもっぱら野菜とうどんです。

100dsc08537_2←たびまま撮影。私も焼酎と共においしく鍋を賞味させていただきます。

うどんのあとにもちも投入。これもうまかった~。

サコー岳園長に呼ばれ、YOSHIKIさんと三名で鳩首会談。
サコー「今日は富士山も見えませんし、気温も例年より低いのでダイヤモンド富士はあきらめて早めに下って早めに反省会にしようかと思います」
YOSHIKI・たけぱぱ「承知しました」

というわけで13:30頃片付け始め、14時前には記念撮影。

100dsc08538 100dsc08539←トイレの行列がすごかったので全員は写っていません。

100dsc08540 100dsc08541←かじゅどのに撮ってもらいました。

14時を少し回ったところで下山開始。

100dsc08542←相模湖が光っています。奥の山は丹沢の山並み。雲がなければ一番右の大室山のその右に富士山が見えるはずですが・・・

100dsc08543

100dsc08544←午前中見えていたスカイツリーも霞んで見えなくなってしまいました。

100dsc08545 100dsc08546

14:32、小仏峠。

100dsc08547←小仏峠から相模湖を望む。奥の山は大室山。

100dsc08548←15:53、城山。小休止。休憩していると石丸哲也さんの団体さんが通っていきました。

100dsc08549←かじゅ君撮影。この写真は年賀状にも使わせていただきました。
かじゅどの、改めて御礼を申し上げます。

100dsc08550

100dsc08551←15:13、一丁平。太陽は見えても富士山は見えません。

100dsc08552←一丁平のあずまや。雨の場合はここでやろうかということになっていました。晴れてよかったです。

高尾山頂もパスして巻き道を行きます。

100dsc08553←金比羅台から「ろくざん亭」方面に向かって下る。薄暗くなってきたが、なんとかヘッデンを点けずに麓まで歩く。

高尾駅南口の「タカミ」で反省会の予定だったが、他の団体が入り、「笑笑」に場所を移して反省会と相成った。

1474716_1460635445_199large←反省会スタート。

のぼろうぜ氏は所要があり、サコー岳園長は夜からまた狩猟に行くとのことで途中退席。
あとの15名で2時間飲み放題、たっぷり飲んで食いました。

お開き後「笑笑」の店の前で「〆のマッスル」をやりました。

サコー岳園長、また今年12月23日もよろしく哀愁でございます。

クリックしてくださると「明日は青梅『だるま市』です。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

新年大岳山ハイク(速報)。

2012年1月9日(月)、4名で今年最初の大岳山に行ってきました。

頂上は陽が射して暖かく、まさに陽だまりハイクとなりました。

100dsc08731 100dsc08733←大岳山頂上にて。

下山後は梅の湯~福生「や台や」で反省会。
飲み放題はついつい飲んでしまいます・・・

クリックしてくださると「6個ほど書かなければいけない記事が溜まってます・・・速報ばかりですいません。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

2011年の山行を振り返る。

「2008年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2009年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2010年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

さて、2011年はどれだけ山を歩いたか振り返ってみましょう。

12月31日~1月1日 雲取山 山荘での年越し 10名での山行

1月3日 52歳の誕生日はほせ氏と二人で日の出山へ。「新春オヤジ山行」

1月11日 たびままと 大岳山 2011年1回目

1月15日 古賀志山 第5回「佐野ラーメンイベント」H隊員企画 たけぱぱの誕生日を佐野のラーメン屋さんで祝ってもらいました

1月29日 上高地スノーシュー あかべこ隊長企画 「マイスノーシュー」を初めて使用

2月6日 大岳山 4名で 下山後、梅の湯~福生「や台や」 飲んだ食った喋った

2月16日 大岳山 3回目 単独 予想以上の雪の多さに苦戦

2月26日 高水三山 6名で 下山後、梅の湯~福生「や台や」

3月8日 大岳山 4回目 たびままと 雪の大岳山にたびままも大満足

この年は3月11日に東日本大震災があり、しばらく山どころではありませんでした。

3月26日 蛭ヶ岳 5名で 蛭の小屋のおじさんはとっても話好き

4月に新宿に異動。土日休みが取りにくくなってしまいました・・・

4月2日 権現平 20名で 鍋を食べてチャリティ登山

4月11日 三ツ峠 3名で 麓の桜にウットリ 下山後は新装なった大月駅前「かつら」で赤霧島反省会

4月13日 岩殿山 たびままと 富士山と桜の写真が撮れました

4月23日 御岳山~日の出山 サコー岳園長企画 11名で 雨天決行 雨の中でもミツバツツジ・豆桜・カタクリ・スミレが綺麗に咲いていました

4月27日 御前山 たびままと カタクリ見頃でした

5月4日 景信~城山~高尾 たびまま&旅人と 下山後の福生「や台や」反省会は鷹ノ巣から下山してきたまさとしも参加

5月7日 仙人ヶ岳 第6回「佐野ラーメンイベント」H隊員企画 新緑とミツバツツジがよかった 「〆の権兵衛」にはナオさんも駆けつける

5月16日 大岳山 単独 5回目 新緑と富士山の絵が新鮮だった

5月20日 雲取山 単独 霞んではいたが富士山・赤岳が見えた

5月31日 日の出山 単独 この年は梅雨入りが早かった

6月8~9日 尾瀬・燧ヶ岳 単独 東電小屋に宿泊 この年の尾瀬は原発がらみで人出は少なかった ミズバショウが見頃

6月23日 大岳山 単独 6回目 

6月26日 女峰山~小真名子~大真名子 6名で 前日はH隊員邸にお世話になる 前夜祭もまた楽し

6月27日 入笠山 3名で いろんな花が見れて思わぬ収穫

7月6日 大菩薩嶺 たびままと この日はたびままの誕生日&結婚記念日 山に行くことになったのはたびままの希望です

7月9日 雲取山 まこっちゃんと 1月に結婚したばかりのまこっちゃん&ゆみこりん 今年(2012年)は「囲む会」をやらねば

7月13日 日の出山 たびままと 下山後我が家で誕生日会 たびまま・岳人・旅人は7月誕生日

7月23~24日 鹿島槍~五竜 五竜でH隊員96座目 キレット小屋でふかちんの誕生日会

7月27日 陣馬から高尾縦走&ビアマウント まさとし&さちさんと   ビアマウントでは時間延長して夜景と酒を楽しむ

8月2日 川苔山 味ん子&るみ姉と 百尋の滝でマイナスイオンをたっぷり浴びる

8月8日 大岳山 たびままと 7回目 このとき以来、芥場峠の「クマ隊長」看板が気になる

8月13日 高水三山 まこっちゃん&ゆみこりん・たびままと 下山後は梅の湯~「とんでん」で反省会

8月17日 陣馬から高尾縦走&ビアマウント 塁パパ・たびままと 陣馬の直下ではNHKでおなじみの橋谷晃氏とバッタリ

8月27~28日 越後駒ヶ岳 4名で 土日登山だったが、駒の小屋は我々で独占 道路の通行止めが影響していたようだ

9月8日 笹子雁ヶ腹摺山 たびままと 下山後は天空の湯へ 夜景がキレイでした

9月9~10日 火打~妙高 10名で サコー岳園長企画 高谷池ヒュッテは評判どおりの居心地のよさだった 下山後は燕温泉に宿泊

9月12日 荒島岳 サコー岳園長と 燕温泉から1日がかりで勝原に電車で移動の飲兵衛旅 荒島は勝原コースで登り中出コースを下る 白山の雄姿に見とれた

9月16日 大岳山 単独 8回目

9月18日 大岳山 H隊員・たびまま・旅人と 大ダワから登る H隊員が旅人の野球談義に付き合ってくれ、旅人も楽しそうだった

9月21日、台風15号の影響で電車が止まった。この日「まこっちゃんを囲む会」を企画していたが、中止となった。その後もこの台風でいろんな影響がでた。

9月25日 大岳山 4名で 下り途中で長尾茶屋に寄る

9月27~29日 北八ツ~阿弥陀岳縦走 単独 1泊目はしらびそ小屋 永年あこがれていたしらびそ小屋は期待を裏切らなかった 2泊目は赤岳展望荘 五右衛門風呂にビックラこいた 三日間とも快晴

10月7~9日 聖岳 H隊員と H隊員98座目 光岳にも足を伸ばす予定だったがたけぱぱ体調不良により聖のみで断念 聖岳での写真を年賀状に使わせていただいた

10月18日 金峰山 4名で 瑞牆山に行く予定だったがメンバーの顔ぶれを見て金峰に変更 23年ぶりに五丈岩にも登れて大満足

10月26日 大岳山 たびままと 11回目 少し紅葉が始まる

10月28日 川苔山 6名で ゆっくりまったり山行

11月1日 大岳山 単独 12回目

11月10日 日の出山 単独 5回目

11月12日 権現平 19名で 元さん企画 すきやき登山 キッズ達に癒された1日

11月18日 高水三山 単独 3回目 

11月22日 大岳山 単独 13回目 平日だったが長尾茶屋が営業していた 店主の川崎さんと話ができた 八海山・赤ワイン2杯

11月28日 景信~城山~高尾縦走 塁パパ・たびままと 紅葉を愛でる 下山後はタカミで反省会

12月7日 大岳山  単独 14回目 

12月10日 滝子山 9名で あかべこ隊長企画 大蔵高丸~ハマイバにも行く予定だったが、予想以上に雪が多かった

12月15日 日の出山 単独 6回目

12月23日 景信山 35名でもみじ鍋&ぼたん鍋を囲む サコー岳園長企画の忘年登山第4回目 ダイヤモンド富士は見れず

12月27日 大岳山 ブロッケン氏・ハルちゃんと 私以外はコスプレ登山

12月28日 高水三山 15名で みっちゃん企画 仲間がたくさん増えました

※山名をクリックすると記事に飛ぶようになっています。

======================================================

昨年も思いましたが、金もないのによくこれだけ山歩きできたもんだなと自分でも感心します。 
しかし、ほとんどは「奥多摩ご近所登山」です。

イベントは車で行動することが多いので本当に助かっています。

2012年も「節約山歩き」を心がけたいと思いますし、車乗り合いは特に、

今年もどうか一つ、よろしく哀愁でございます。
(茹でた孫もよろしく・・・)

クリックしてくださると「明日は長尾茶屋にお邪魔して来ようかな・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

2012年の年賀状。

年賀状・・・まだ全部書ききれていません・・・

今年は主に2パターンで出させていただきました。

Gajou_1←H隊員と行った聖岳頂上パターン。

Gajou_2←「もみじ鍋」山行での城山パターン。

1/6現在で83枚書きましたが、あと10枚くらい書かねば・・・

すでに賀状下さっている皆様、ありがとうございます。
本年もたけぱぱ一家とたけぱぱブログをよろしくお願いいたします。

クリックしてくださると「プリンタのインクなくなりました。新宿のビックカメラで買わなくては・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

高川山へ(速報)。

2012年1月4日(水)、デラウウエアさんと高川山に行ってきました。

肝心の富士山が雲に隠れていましたが、天空の湯と帰りの電車内での反省会はとても楽しかったです。

100dsc08678←高川山頂上にて。

クリックしてくださると「まだ年賀状書ききってません・・・速報ばかりですいません。」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

53歳になりました。

2012年1月3日で53歳になりました。

大病も大怪我もせず今まで生きてこれたのは体のことを心配してくれる皆さんや家族のおかげです。
感謝しております。

年賀状書きがなかなか進まないため、ブログ更新がやや滞っておりますが明日(1/4)はお休みですので一気に片付けたいと思っております。

2012年もどうか一つよろしく哀愁でございます。

100caehbyj7←2012年元旦、日の出山頂上にて。たびまま撮影。

めでたいと思った方はご祝儀クリックを→人気blogランキングへ


| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

2012年もよろしくお願いしたします。

2011年は大変お世話になりました。

今年2012年もたけぱぱブログをよろしく哀愁でございます。

年賀状も50枚しか書けずに年を越してしまいました。
(目標は80枚)

遅くなってから届くであろうと思われる皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。

さて、2012年の登り初めは日の出山にたびままと行ってまいりました。
昨年と一昨年の正月は雲取山で迎えましたので、たびままと日の出山で初日の出を見るのは3年ぶりとなります。

2009年の初日の出の様子はよかったらコチラを>>>

100dsc08629←日の出前の様子。

100dsc08637←日の出の瞬間。雲の上からで少し残念。

100dsc08654←日の出山頂上にて。

下山後はつるつる温泉で温まり、イオンモール日の出で買い物や回転寿司ランチを済ませ、4時過ぎには家に帰ってまいりました。

夜は久しぶりの豚肉しゃぶしゃぶで腹いっぱい。
明日は初売り、1年で最も忙しい日かもしれません。

今年も皆さん健康に気をつけてお過ごしくださいね。

クリックしてくださると「1月9日成人の日にどこかに新年会登山で行きませんか?」も喜びます。→人気blogランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »