« 御前山にカタクリを見に(速報)。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 59 乗鞍岳。 »

2010年4月28日 (水)

太平山~三毳山~そば打ち道場。

2010年4月22日(木)、 平日ですが参加者7名が集まり栃木の石裂山に行こうということになりました。

ところが前日の予報では午前中から降水確率が80%。

石裂山はやめにして、「太平山&そば打ち道場」に変更と相成りました。

========================================================

4:20起床。
前夜は会社の歓送迎会に参加。飲み放題でしたので当然のごとくたらふく飲んでしまい、二日酔いです。

しばらくぼーっとしていましたが、ふと我に返り電車の時間を調べ、最低限の山道具をザックにつめ、家を5:15に出ます。

食欲もなく喉も乾いてなかったのでコンビニには寄らずに、5:29青梅発の電車に乗ります。すでに雨が降っています。
立川で中央線、西国分寺で武蔵野線、南越谷(新越谷)で東武線に乗り換えます。

本日のイベント企画者であるお~!やま~!女史からメール、
女史「4両目にいるよ」
おそらく快速に乗っているのでしょう。
私は先行している区間快速に乗っていましたが、眠いのでそのままウトウトしつつ返信もせずに先に進みました。

8:13、新栃木に到着。
まだ誰も来ていません。
H隊員に「着いたよ」とメール。
運転中のH隊員から電話、「わりい、まだあと3~4キロだ。皆に待ってもらってくれ」・・・私「大丈夫だよ。まだ誰も来てない」

駅前にコンビニくらいあるだろうと思って来たが全く無し。
雨は降り続く。

8:32、快速が到着。女史・しろ・よったんが降りてきたが、改札内のトイレに向かった。
H隊員も現れ、「わりい、わりい。みっちゃんも今来るよ」

女子3名トイレも済んで、みっちゃんも現れ、これで6名集合。

私「女史ぃ、カブさんは?」
女史「直接太平山に行くって言ってたよ。メールしてみる」

女子3名はみっちゃん号に、私はH隊員号に乗って太平山に向かう。

太平山は3年前に私が初めて「オフ会登山」を企画した山である。

そのときの様子は是非コチラを>>>

なんとなく見覚えのある道をH隊員号・みっちゃん号は国学院栃木を目標に走る。そこの駐車場でカブさんを待つことに。

カブさんを待つ間、H隊員と来月の飯豊山の計画を話し合う。
私「ダイグラ尾根をたどってみたいが、キツイかなぁ・・・」
H「北斜面だし、雪が相当残っているだろう。弥平四郎登山口からが登りやすいのでは」
こういう計画を立てているときが一番楽しい。
飯豊に行けたとしたら22年ぶりになる。

やがてカブさん新車で登場。
車三台で太平山神社まで進む。

100dsc09863 ←太平山神社の駐車場に車を停める。

100dsc09864 ←駐車場の脇にもニリンソウが。

100dsc09865 ←傘を差し、ザックは車に置いたまま空身で歩く。

100dsc09866 ←六角堂。

100dsc09868 100dsc09867 ←あじさい坂を登る。あじさいの季節ではないが。

100dsc09869 100dsc09870 100dsc09871 ←山門前に出る。車道を渡り、さらに階段を昇る。

100dsc09872 100dsc09873 100dsc09874 ←太平山神社でお参り。

太平山神社はいろんなお願いごとをきいてくれるらしい。
興味のある方はコチラを↓ ↓ ↓

http://www.ohirasanjinja.rpr.jp/ 

100dsc09875 ←雨の中見る桜もまたいいではありませんか。

100dsc09876 ←天気がよければ山頂まで行ってくるのですが・・・

100dsc09877 ←駐車場に引き返します。

100dsc09878 ←下りの階段はすべりやすいのでゆっくり下っていきます。

100dsc09879

駐車場に戻り、3台の車で先ほどの山門の前を通り、謙信平に行ってみますが、真っ白で何も見えません。すっきり晴れた日にはここから富士山の姿を拝めるそうです。

次に向かうのはカタクリと万葉のふるさとの三毳山(みかもやま)です。ちなみに太平山は「たいへいざん」ではなく「おおひらさん」と読みます。

栃木市から岩舟町を通りH隊員の済む佐野市に入っていきます。

かたくりの里管理センターの駐車場に車を停め、カタクリの花は咲いてないと思いますが、山の方へ歩いていきます。

三毳山は万葉集にもこう詠われています。

「下毛野みかもの山の小楢のすまぐわし児ろは誰が筍か持たむ」

田中澄江の「新・花の百名山」にも紹介されていますのでご存知の方も多いと思います。
「新・花の百名山」には佐野の生んだ英雄田中正造のことも書いてありましたっけ。
「佐野の生んだ英雄」のもう一人にH隊員がいる、と思うのは私だけでしょうか・・・

100dsc09880 ←花は終わっていますが、水芭蕉が見れます。

100dsc09881 ←道端にタチツボスミレが咲いています。

100dsc09882 100dsc09883 100dsc09884

100dsc09885 ←カタクリの花の咲く時期は終わっていましたが、イチリンソウが咲いていました。

100dsc09886 100dsc09887 ←ヤブレガサ。

100dsc09888 100dsc09889 ←こちらはニリンソウ。

100dsc09890 ←咲き終わったカタクリ。

100dsc09891 100dsc09892 ←イチリンソウ。

100dsc09893 ←チゴユリ。100dsc09894 100dsc09895 ←雨でも新緑が心を癒してくれますねぇ。

100dsc09896 ←佐野市出身の安藤勇寿の書いたボスター。佐野市内に「少年の日」美術館があります。

さて、こんな天気ですので山歩きはここらで軽く終わらせてそば打ち道場に向かいます。

雨の中、3台の車は田沼町(現在は佐野市。佐野・葛生と合併して佐野市になった)の閑馬という所に向かいます。
道路沿いにはまだまだ桜や梅が見られます。

三毳山から30分くらい車で走ったでしょうか、お目当ての店(?)に到着しました。

100dsc09897 100dsc09898 ←「そば道場」「そば屋」というよりは普通の民家にお邪魔するような按配です。

100dsc09899 100dsc09900 ←この方が主の久保二六子さんです。田沼町が佐野市と合併するまで田沼町議会の議長を務められていました。

100dsc09901 ←普段は土日しかやっていないのですが、H隊員がお願いしてくれて、平日にもかかわらず我々7名を受け入れてくれたようです。やはり佐野の生んだ英雄H隊員です。
最近では「長島一茂に似てる」という専らのウワサです。

すでに12:20。今日は皆早起きですのでお腹がすいています。
「そば打ち道場」の前に先生が作った田舎料理とそば・うどんをいただくことにします。

100dsc09902 ←お稲荷さんはとてもおいしそうでしたが、肝心のそばが食べられなくなると悲しいので私はグッと我慢しました。

100dsc09903 ←大根から立ち上る湯気が見えるでしょうか。

100dsc09904 ←メインのそばが大根の湯気でくもって写ってしまいました。

100dsc09905 100dsc09906 Mitttyan ←右の1枚はみっちゃんカメラ。

100dsc09907 ←うどんも出てきました。100dsc09909 ←天ぷらもうまいっ。

「もうこれ以上食えない」というくらいお腹いっぱいになり、のけぞっていると、久保さんが「ここに絢香が来たことあんだよ~」と言って地元の雑誌を見せてくれました。

100dsc09910 ←絢香が来るまで久保さんは絢香のことを知らなかったそうですが、「お母さん、今年私紅白(歌合戦)に出るからね。必ず見てね」と言われて紅白を見て初めてすごい人なんだとわかったそうです。
今年もここに来る予定とのことですが・・・

お茶をいただいてお腹が落ち着いたところで「そば打ち道場」の始まりです。

100dsc09911 ←久保先生のそばの捏ね方をまねて、よったんとしろちゃんがそば粉を捏ねていきます。

100dsc09912 100dsc09913

100dsc09914 ←捏ね終わったところで先生がお手本で延ばしていきます。

100dsc09915 ←久保先生だけでは教える人が足りないのでH隊員がサポート。もう手馴れたものです。

100dsc09916 ←次にみっちゃんとお~!やま~!女史。

100dsc09917 100dsc09918 ←しろちゃん、延ばしに挑戦。先生のようにはうまくいきません。

100dsc09920 ←私も見よう見真似でやってみました。100mittyann_2 100mittyann_3 ←2枚みっちゃんカメラ。カブさんも始めてとは思えない手さばきです。

100dsc09921 ←佐野が生んだ英雄H隊員は何をやらせても上手です。

100dsc09922 ←先生のご指導でそばを切っていきます。女史の包丁さばきは流石です。100dsc09923 100dsc09924

100dsc09925 ←そばと稲荷とそばつゆをお土産に持って帰ります。

100dsc09926 ←H隊員の見事な包丁さばき。

そば打ちが終わったらみんなでお片づけ。

100dsc09927 ←モップでお掃除するしろちゃん。若奥様のようでもあり、店の割烹着を着ているので店員さんのようでもあります。

次に今日は餅を搗かせてくれるそうです。
外に出て臼のまわりに集まります。

100dsc09928 ←よもぎがたっぷり入った草餅を搗きます。

100dsc09929 ←シロとメリー。「ん、何か騒がしいな」と見ています。

100dsc09930 ←H隊員は餅つきも手馴れたもんです。100dsc09931

100dsc09932 100dsc09933 100dsc09934 ←皆も代わる代わる搗かせてもらいます。

100dsc09935 ←仕上げはやはりこの人が。

100mityann_4 100mittyann_5 ←2枚みっちゃんカメラ。

100dsc09936 ←搗き上がった草もちを久保さんがちぎって丸めていきます。

100dsc09937 100dsc09938 ←搗きたての草もちに黄な粉をかけて食べます。

100dsc09939 100dsc09940

100dsc09941 ←草もちもパックにつめてお土産に持って帰ります。

久保さん宅には2時間半くらいお邪魔したでしょうか。14:45頃皆さん手に手にお土産をぶら下げてお暇します。

100dsc09942 100dsc09943 ←全員で記念撮影。

久保さん宅の庭にクレソンが生えていました。
久保さん宅の前を流れる川にも生えています。
庭のクレソンを勝手に獲るのはまずいでしょうが、川のならば問題ないでしょうと言ってH隊員が川原に下りていきます。

100dsc09944 100dsc09945 100dsc09946 ←手にいっぱいのクレソン。H隊員からもらったクレソンをすぐ食べていた人もいましたが、洗わないとちょっとバッチイんでないかい・・・

カブさん情報で「やすらぎの湯佐野店」が390円とのことだったので、そこに行く案もありましたが、流したくとも汗はかいてませんし、いもフライと道の駅に向かうことにしました。

100dsc09947 ←15:23、道の駅どまんなかたぬま。

100dsc09948 ←ポテト入り焼きそば。カブさんは「焼きそばには普通ポテト入ってるでしょう~~~」と言ってましたが、そいつはどうかな。

平日にもかかわらずにぎわっている道の駅をあとにして、H隊員ご推薦のいもフライの店に向かいます。

100dsc09949 ←が、しかし夕方の営業は16時から。16:22発の電車に乗りたいので今回はいもフライはあきらめます。
私はまた5月15日に佐野に来るので「ま、いっか」なのですが。

佐野駅まで送ってもらい、女史・よったん・しろ・私の4名は東武佐野線に乗ります。
佐野駅前のコンビニで買った缶ビール片手です。よったんは飲みませんが。

館林で乗り換え。時間があるので女子3名はトイレへ。
よったんだけ帰ってきたと思ったら、女史としろちゃんはコンビニ探索に行ったそうな。

ニコニコして帰ってきたと思ったらワインとワンカップ焼酎をぶら下げて帰ってきました。
北千住に向かう電車でまたまたワンカップ焼酎片手にチビリチビリとなったのは言うまでもありません。
ワインはアルコール4%の甘い代物だったらしく、しろちゃんは「これ、ブドウジュース!」と不満げでした。

新越谷が近づくころ、「ちょっと私トイレがもたない。新越谷で降りていい?」という人がいたので、

私「どうせ乗り換え駅だし、北千住で立ち飲み屋に行くつもりだったけどここで飲むかぁ」

ということに相成りました。

飲まないよったんとはここでお別れ。

三人でどこにするか探す手間もなく、チラシを配っているお兄さんの胸と背中に「飲み放題2時間1000円」の文字が。
私「そこに行ってみない?」
女史・しろ「飲み放題!いいねいいね」
即決です。

100image032 ←最初は淡麗で乾杯し、そのあとはワインやら焼酎やら泡盛やらガブガブ飲み、3人で料理代も入れて6000円。
これは立ち飲み並みの安さでした。

いい気分で駅に戻ると武蔵野線の乗り場がありません。
よくよく東武線の駅名を見ると越谷ではありませんか。

3名「うっひょー」
しろ「よったんが『改札出てから越谷って気がついた』って書き込みしてたのはこのことだったんだ~」
女史・私「な~るほど」

4名とも気がつかずに新越谷でなく、越谷で降りてしまったというわけです。
私「ちょうどいい店があったから、ま、いいか~」
女史・しろ「んだ、んだ」

飲み足りない女史と私は武蔵浦和で降り、回転寿司「うず潮」でおいしい日本酒を飲んでから帰りました。

そんな「大人の遠足」の一日でありました。

クリックしてくださると「佐野の英雄H隊員は最近長嶋一茂に似てるというもっぱらのウワサでございます~~~」も喜びます。→人気blogランキングへ

|

« 御前山にカタクリを見に(速報)。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 59 乗鞍岳。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~。
石裂山には行けなくて残念だったけど、一茂さんのおかげで楽しい1日になりましたよね。
佐野が生んだ英雄の一人ですね。
これからは雨天時の代替メニューも考えておかなきゃ駄目ですな。

投稿: お~!やま~! | 2010年4月28日 (水) 19時20分

いやいや楽しかったねえ・・・happy01
どうもアリガトさんだね~
それにしてもいつもながらたくさんの写真と詳細な実況つきはお見事lovely

2つほど訂正。太平山でなくて大平山。久保さんは鹿沼議会ではなくて田沼議会議長だよ(念のため)・・・
それから、ちなみに娘の新居は新越谷だよ。困った時は役に立つことあるかも・・・sign01

投稿: H隊員 | 2010年4月28日 (水) 23時35分

お世話になりました。
それにしてもたけぱぱの日記は大作じゃのう、すばらしい。
明日は雨・・・それも小雨じゃないと天気予報がいっているのに・・・
みんなよく東京からくるよなぁと、暗い気持ちで前夜を過ごしました。
でも、ほんと たのしかったぁ
雨でおざく山に行けなくても たまにはこんなイベントもいいものと、みんなに感謝、感謝の一日でした。

投稿: みっちゃん | 2010年4月28日 (水) 23時42分

お〜!やま〜!女史、
お疲れ山でした。
山は二つ行きましたが、頂上まで行かず。
そば打ちと飲み会が楽しかったから、ま、いっかぁ〜〜〜
雨の日も楽しんじゃうところが「さすが女史企画」ですなpaper

投稿: たけぱぱ | 2010年4月30日 (金) 14時03分

H隊員、
訂正のご指摘ありがとう。
誤:鹿沼→正:田沼はオイラのミスだから直したが、大平山ではなく太平山が正しいように思うがいかが。

H隊員のおかげで楽しい一日となりました。
またこういう楽しい企画頼むよ。
まずは5/15のラーメンツアーだね。

投稿: たけぱぱ | 2010年4月30日 (金) 22時27分

合点承知。
やはり大平山が正しいよsign01

投稿: H隊員 | 2010年4月30日 (金) 23時51分

みっちゃん、
あの雨では山登りはしないと思いつつも、「それならそれで温泉とB級グルメツアー」でもいいかなと。
しかし、雨のおかげでそば打ち体験ができ、いい経験になりましたね。
石裂山はまたリベンジ企画があるでしょうから、またいずれ栃木にはお邪魔いたしますよ〜〜〜
佐野ラーメンツアーもあるしぃ〜〜〜

投稿: たけぱぱ | 2010年5月 1日 (土) 09時44分

そば久保!!事件があったのでは??

投稿: 不思議 | 2013年1月30日 (水) 21時47分

そば久保!!事件があったのでは??

投稿: 不思議 | 2013年1月30日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251015/34371781

この記事へのトラックバック一覧です: 太平山~三毳山~そば打ち道場。:

« 御前山にカタクリを見に(速報)。 | トップページ | もう一度登りたい百名山 59 乗鞍岳。 »